『 花鳥風月 』 展 作品集 VOL.2

Römell(ロメル)

東京生まれ
Arts Rush (Art garelly)登録作家

企画展に定期参加

My piece art project(沖縄絵本グループ)
沖縄県立美術館で開催される絵本展に毎年参加

青猫商店(猫と絵本が中心のアート活動)主宰
猫と絵本を中心に4名のアーティストと
様々な活動を行っています。

清葉

清葉(Kiyoha)1987/02/21

■A型 □東京都出身

■2009年夏から切り絵を始める

■2012年文化庁主催国際
切り絵コンクールで山梨県知事賞受賞

■切り絵の森美術館常設

■2013年ラトビア日本大使館企画
『〜日本の切り絵展〜』出展

■h.NAOTOコラボで東京コレクション参加。

■ 松本零士先生公認コラボ制作

Nicola

人形・キャラクター・立体作家。

神戸女学院大学文学部
英文学科中退後渡米。

New York School of Visual Arts 卒業。
おもに立体を学ぶ。

(在学中は染めて詰め物をした布や靴下、
道端に捨ててある 「イイカンジのゴミ」、
木箱などの素材をメインに
「コミュニケーション」をテーマにした
作品を制作。
また文化や人種の違いや難しさについて
考えさせられた事 をきっかけに、
「人間誰しも皮膚をめくればピンクじゃないの?」 をテーマにピンクのオブジェを作り続ける。)

ギャノン・パトリック

1971年米国ニュージャージー州生まれ。

神話や寓話への強い関心から
米国ロドアイランド州の
プロビンス・カレッジにて文学を学び、
同大学卒業後の数年間を愛媛県今治市で過ごす。

その後は米国へ帰国し、ジョージア州の
サバンナカレッジ・オブ・アートにて
美術修士号を取得。

その後、再度来日を果たし東京で
5年間を過ごした後、福岡へ移住、

2017年大阪へ転居、制作活動中。

作品はすべて切絵が基本,世界各国から
収集した様々な紙で埋め尽くされた
自宅の製作ルームから
数々の作品が生み出されている。

奇妙かつ愛らしいキャラクターと
伝統的な和紙を融合させた作品は、
動物や自然に囲まれて育った
米国ニュージャージ州の生活と
伝統的でありながら先進的文化が
折混ざっている日本での生活が基盤になってる。

Gimmel Garden


羽根、十字架、蝶、唐草などのモチーフを中心とし
装飾性の高いユニセックスジュエリーを展開。


西洋彫金術師と名乗っている貴金属の彫師です。


イタリアで学んだ彫金技術を駆使して作り上げる
繊細かつモダンな作品の数々。


装飾性の高いデザインをお楽しみ下さい。
ここ数年フライス画を展開。


店内