アートラッシュ企画展Vol.297
『 妖精の森 』

江村あるめ 

奈良県在住  



人形を中心とする立体作品と回文で

自分の世界観を表現したいと

考えています。

後日、追加予定。
後日、追加予定。

Nicola(ニコラ) 

神戸女学院大学文学部英文学科中退後渡米。
New York School of Visual Arts 卒業。
おもに立体を学ぶ。
(在学中は染めて詰め物をした布や靴下、
道端に捨ててある 「イイカンジのゴミ」、
木箱などの素材をメインに
「コミュニケーション」をテーマにした作品を制作。
また文化や人種の違いや難しさについて
考えさせられた事 をきっかけに、
「人間誰しも皮膚をめくればピンクじゃないの?」 を
テーマにピンクのオブジェを作り続ける。)
卒業後制作一時中断。
帰国後パーソナルカラーを学んだ後、色彩心理を学ぶ。
1996年から自然素材を生かしたコルク人形を始めとして
粘土や布を用いた人形、キャラクター達を制作しております。
「ウレシイ!タノシイ!キモチを大事に大事に、
ワクワクで キューン♪な作品作りをモットーに
ただいま精進中。」という、 今はなき、初のHPの
フレーズと気持をそのままに 今もやっぱり精進中。

能野裕子

『共生』をテーマに独自のイメージで
いたずら妖精ゴブリンを制作している造形作家

 

1980年3月 武蔵野美術短期大学 芸能デザイン学科
アパレルコース 卒業
2011年3月 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学部
テキスタイル 卒業
2011年9月 学芸員 資格取得

 


VOL.2