アートラッシュ企画展Vol.348
『 百鬼夜行 』展

平安工房/古書わらべ

2003年に「平安工房/古書わらべ」をスタート。

平安工房の屋号で出版・人形展のディレクションを。

2008年より球体関節人形作品集
「人形寫眞文庫」シリーズの刊行を開始。

古書わらべの屋号では古書・古写真・戦前絵はがきを商う。

____________________________

下駄の台に妖怪の姿を焼き込んだ焼き絵下駄。

今年は日本の伝統的な砥の粉仕上げのものを
多数ご用意しました。

花緒と挿げは慶応元年創業の老舗『丸屋履物店』の仕事。

AUN(ミクストメディア)

切り絵作家 ゆうき慧真と
点描作家 Norikoでのユニット ・ 【 AUN 】
(と書いて「あん」と読む。)

表現は、切り絵と 点描という
形だけにとらわれず 、
お互いに出来る様々な形での表現を
最 大限に発揮していくユニット。

作風がぶつかり合おうと、
調和しようと、其々の感性と
意見をぶつけ合いながら自由に表現し、
妥協する事なく他には無い作品を制作する。

そんなユニット活動にしたいと
思っております。

千葉由笑(日本画・造形)

主に岩絵具を使った絵画を制作。

窓から世界を眺めているような平面から、
現実へ引き出して体感できる空間を
作りたいと思うようになり、
2008年より立体も制作し始める。

それと同時にジャンルにとらわれずに
様々なものを作るようになっていく。

あちらの世界とこちらの世界の
境目をなくすことが目標。

<もう一ひとつ研究所>

もうひとつの研究所とは
2007年3月に結成された
ikasama研究員とanirikam研究員2人のユニット名です。

現在の主な活動内容は
FlipBook(パラパラマンガ)の製作
および、新しいアートの表現方法の研究です。

なかひら まい

セツ・モードセミナー卒業後、
雑誌を中心にイラストレーターとして活躍。

ティーン雑誌、育児雑誌、女性誌、情報誌、
単行本などで作品を発表。

 

2000年、STUDIO M.O.G.を設立。

2005年12月
『スプーと死者の森のおばあちゃんスプーの日記〜』を
トランスビューより出版。作家デビュー。

『スプーの日記』はその後、シリーズ化され、
2007年6月『スプーの日記2暗闇のモンスター』を、
2008年1月『スプーの日記3地下鉄の精霊』を発表。


VOL.2